愛車をよりよく運用するため利用したいものとは

民間委託が現状

民間委託が進んできた原状

自動車を使い続けていく上で、欠かすことが出来ない制度の一つに車検というものがあります。 自動車も人の手によって作られた機械である以上は、時が経つに連れて様々な箇所に故障や不具合が生じるなど安全性や信頼性といった面で問題を抱える可能性があります。 不特定多数の人々が使う公道においては、自動車の故障やそれに起因する事故等によって多くの人や器物に損害を与えたり迷惑をかけたりといったことが予測されるため、車検の制度によって検査に合格した車両は公道を走行することができるという認可が与えられるわけです。 なお、車検の制度そのものは国によって取り決められているものであることから、従来は国土交通省管轄の陸運局で検査が行われることが一般的でしたが、現在では検査業務の民間委託も進んできており、陸運局以外の整備工場といったような場所でも車検が行われるようになってきております。

具体的にどういった場所で車検をうけることができるのか

車検を受けるということについては、今までも個人が直接に陸運局に車両を持ち込んで手続きを行うことも可能でしたが、手続き自体が面倒であることから敬遠される傾向にあり、新車ディーラーや中古車販売店などの購入先でのアフターサービスの一環として車検を代行してもらうやりかたが主流となっていました。 しかしながら、現在では車検業務の民間委託も一般的となってきており、整備工場を保有する販売店や専門の工場で取り扱われることも多くなっております。 また大手のカー用品チェーンやガソリンスタンドなどでも車検が提供されるようになってきており、選択肢もかなり多くなってきている状況であると言えます。 料金の面に関しては、法定費用は同一となっているため、それ以外の工賃や手数料といった部分で差を打ち出しているのが一般的です。